カイロプラクティックを学んでます。

今日で3回目になります、[Toggle ADIO塾]。

 

僕は将来、カイロプラクティックで食っていきたいと思っています。

 

そのための第一歩として坂本剛先生の元で学ばせて頂いてます。

 

カイロプラクティックに対する思いは、また後日書きたいと思いますが、とにかく毎回楽しく勉強すればするほどその魅力にとりつかれています。

 

 

 

 

鴨頭嘉人さんに会ってきました。


f:id:b-colaccino:20190303160250j:image

 

生の鴨さんに会えて、感激でした。

 

セミナーの内容はいつもYouTubeで観ているので、同じでしたが実際に行くとまた違った勢いとオーラがあり、感動してしまいました。

 

お話できたのはわずかな時間でしたが、しっかりお礼を言う事ができました。

 

受け取った沢山の言葉を胸に、また倫理法人会で実践していきたいと改めて決意しました。

 

鴨さん、また会いに行きます!!

久しぶりに。。。

このブログを約一年ぶりに開いてみた。

本の感想を書かなきゃなーと思いながら時間があっという間に過ぎていってしまった。

言い訳をさせてもらうと去年は色々身のまわりの環境や仕事など変化が多くて、それどころでは無い状況にあった。

それに、『どうせこんなブログ誰も読まないよなー』みたいな感情でいたのでどうしても優先順位が下がってしまっていた。

 

 

 

 

 

 

ただ、一年ぶりにブログを開いてみてビックリした。

このブログを開いて読んでくれた回数?PV?というのが1000回を越えて1200回に達していた。

この数字が世間的多いのか少ないのかは分からないが、自分にとってはかなり多く感じる。

一年以上自分が放置していたブログに毎日、毎日アクセスして投稿を楽しみにしてくれていた人がいると思うと、感動すると同時にその人に対してとても申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 

最初の記事に、目的は『あくまで自分のために』と書いた記憶があるが、自分のためなら紙の日記を書けばいい。

少しでも自分の知識や情報が他の人のためになるのなら

このブログを読んでくれている、誰か分からないそこの『あなた』のためにまた再開したい。

 

まずは本の感想から書かなきゃ!

 

 

 

 

 

 

 

昔から気になること。

いつの頃からか、急に自分の目が見えなくなったら?

という妄想をするとこがよくある。

 

 

「マッサージが出来るからお金には困らないかな」とか

「大好きな映画が観れなくなるは辛いな。ラジオばっかり聴く生活になるだろうな」

みたいなことを最初は思ったような気がする。

 

 

いつも通っている帰り道を目をつぶって歩いてみたり。

いつも通っている道だから少しくらいは歩けるだろうなーと思っていざやってみると全然出来なかったりして。 

 

 

とにかく自分には、『目の不自由な人の感覚や気持ちを少しでも理解したい』という思いがあるのだと、気づいた。

 

 

そして最近、ある本を見つけた。


f:id:b-colaccino:20170223102257j:image

 

これだ。

 

なんだか今まで思っていた疑問を解決してくれそうでワクワクする。

 

今日から読み始めるので、読み終わったら感想も書きたいと思います。

休日はまったり。


f:id:b-colaccino:20170128115658j:image

 

 

今日はとても天気がいい。

 

久しぶりにコメダ珈琲に来ている。

モーニングを頂きながら本読んだり、ブログ書いたりするのが最高の休日の過ごし方だ。

 

 

今日はこの本を読んでいる。

読みやすくて面白い内容!!

筋トレのモチベーションが上がるのでかなりお勧めです。

 

 

 

 

 

2017年も宜しくお願いします。

 

なかなか記事の更新が出来ず年が明けてしまい、一月も終わろうとしている。

 

去年は色々身の回りの環境が変わり、慌ただしい一年だった。

今年は時間を無駄にせずよりいっそう成長していく年にしたい。

 

具体的にやりたいことはまず身体造り。週に一度はワークアウトする習慣を身に付けたい。

解剖、生理、栄養学なんかも一から勉強し直して、より知識を深めたい。

 

自分の持ってる技術や知識を収入に変えられるような努力もしていきたいと思っている。

 

そしてブログの更新もこれからは、健康に関することだけでなく、日々のちょっとしたことや感じたことを気ままに書いていけるようになりたい。

質よりも更新頻度を重視して、どんどん気軽に更新していきたい。

 

 

今年も宜しくお願いします。