Dutchの日々進化ブログ

日々、進化し成長していく石田のブログ

かぐらたる所以

たまには趣味の事も書いてみようっと。

2月27日に新潟のかぐらスキー場にスノーボードをしに行った。

 

前からスノーボードは好きで、今年もすでに5回滑りに行った。

 さらに今年は板、パンツ、ヘルメット、グローブを新調し、気分もノリノリであった。

 

 

今回は、初のボードとスキーという組み合わせで行った。

スキーの速さについていけるか?という不安を抱えていざ車に乗り込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、コンディションは最高。前日まで雪が降ってパウダーがあり。

天気は晴れ。

確実に今年行った中では最高に良い。

いいじゃないか。いいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日ということで人の数はまあまあ多かった。

ただ、ここはかぐら。コースも多く、とても広いスキー場なのでリフトで待つということはほとんど無かった。

 

 

 

 

頂上からの景色はこんな感じ。

視界良好、雪も風もなく、しかもパウダー。

文句なしのコンディションだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぐらに行ったことがある方はご存知だと思うが、

ロープウェイに乗って、かぐらゴンドラに乗ってから下に降りるコース、

とてつもなくなだらかな傾斜が続く。

そりゃあもう尋常じゃないくらいのなだらかな傾斜。

ワックスがけが甘い板なら『スッ!』と止まってしまうほどの傾斜。

ビンディングを外して歩いては、滑り、また止まっては外す。

という過酷なルーティンを制したものにゴールという栄光のかけ橋が待っている。

 

これが僕が勝手に名前を付けた

K・A・G・U・R・A・Z・A・K・A

 

そう、神楽坂である。

 

まさにかぐらスキー場のかぐらたる所以である。 

 

 

 

 

 

 

 

そうならないために、かぐらに来る前日は完璧にワックスをかける。

 

自分はガリウムのホットワックスを使っているが、大分このワックスがけも慣れてきた。

人によってはスキー場に行くたびに毎回かけてる人もいるらしいが、自分は面倒くさがりなので2~3回に一度のペースでやっている。

 

 

 

 

とにかくこのワックスのおかげで、一度も止まらずに最後まで滑ることが出来た。

嬉しかったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に行ってくれたスキーの友達も久々のパウダーに大変興奮し、楽しんでいた。

 

心配していた、スキーの速さについていけるか。という問題は何とかセーフだった。

今年5回行っているのでそれが練習になって何とかなったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、スノボーのシーズンはこれからなのであと2~3回は行きたいな。