Dutchの日々進化ブログ

日々、進化し成長していく石田のブログ

睡眠について~その④~

今回は、熟睡をするために就寝前と起床後のルーティン化をする。ということについて書いていく。

 

『ルーティン』とは決まった手順や日課の事をいう。

つまり、決まった手順を踏んで寝る準備をし、朝目が覚めた後は決まった手順を踏んで起きるということ。

これが意外な効果を生む。

前回書いた副交感神経を優位にする。ということとつながってくるが、決まった手順を踏んで寝る準備をすることによって無意識のうちに体と脳が睡眠を始める準備を行う。

そうなると寝つきが良くなるという効果と深い睡眠に入りやすい効果が期待できる。

朝、目覚めの後も決まった手順を踏むことで脳が「よし!起きるぞ」という感じに覚醒状態になりやすい。目覚めがスッキリするのだ。

 

とにかく『決まった手順を踏む』ということが大事だ。

 

以下は自分が実際に行っているルーティンを書いてみる。

   ~寝る前~

・寝る一時間前までに入浴を済ませる(この時ぐらいから強い光は浴びないようにする)

       ↓

・ストレッチ(15分~20分)

       ↓

グリシンを飲む

       ↓

・明日の準備(着替え、水、歯磨きの用意など)

       ↓

・本、白湯を持って布団に入る

       ↓

・白湯を飲みながら読書(大体10~15分くらいで眠くなってくる)

       ↓

・睡眠アプリのセット、耳栓、アイマスクを装着

       ↓

      就寝

 

   ~起床後~

・目が覚める

       ↓

・部屋の窓を開けて光を浴び、新鮮な空気を吸う

       ↓

・トイレに行って用を足す

       ↓

・歯を磨く

       ↓

・水を飲む(できれば白湯のほうが良い)

       ↓

・着替える

 

 

という感じだ。ここまで徹底する。

 

。。。ところが、これが毎日完璧にできれば、理想の状態だが現実は中々難しい。

欠かさずこの習慣を毎日やっているかと言われると、出来ていない。

特に夜に予定があって、寝るのが遅くなるような日はこんな事やってられない。すぐにでも布団に入りたい。

そういう時は「無理をしない」というように自分で決めている。

なるべくそれに近づける努力はするが、完璧は求めない。という具合に。

そういうスタンスで良いと自分は考えている。

 

因みに『グリシン』『耳栓、アイマスク』『睡眠アプリ』といったツールの活用

については次回以降の記事に載せたい。

 

是非、自分自身のライフスタイルに合わせたルーティンを考えて実践してみてほしい。